CATEGORY

  • 2021年8月24日

奥只見・二ノ岐川

大好きな奥只見の山域、二ノ岐川の記録です。雪国の夏は緑の濃厚さが半端なく、この生命力に満ち溢れた森の中に身を置くこと、これは沢登りや源流釣りの醍醐味の一つです。 二ノ岐川 は奥只見湖に注ぐ中ノ岐川の支流で、奥只見の沢の中でも比較的アプローチしやすい沢となっています。 中ノ岐川は、平ヶ岳に至る登山道がほぼ源頭まで川沿いに通っている為、場荒れが激しく、源流釣りや沢登りとしての対象としては今一つ魅力に欠 […]

  • 2021年5月10日

奥秩父・豆焼沢

大好きな奥秩父の荒川水系の谷。滝川の支流、豆焼沢に行ってきました。ホチの滝・トオの滝・50m大滝・19m4段滝・両門の滝など、素晴らしい滝が多く、ナメもあり奥秩父の名渓と言われています。この水系は幾度となく来ていますが、豆焼沢は何かとタイミングを逃し、ようやく今回トライすることができました。記録を遡ってみると、滝川水系は2007年に槇ノ沢に来たのが最後なので、なんと14年振りになります。 沢行記 […]

  • 2021年3月22日

朝日連峰・八久和川・中下流部

前回、「朝日連峰・八久和川・上流部」の記事で書いた通り、その翌年に中下流部の遡行を行いました。 八久和の強烈な印象をいつまでも忘れることができず、次はこの八久和中流域の広河原で竿を出したいという衝動にかられる日々が続きました。夏季休暇をすべて費やし、1年越しの綿密な計画の末の釣行です。 本来なら完全遡行を目指したいところですが、休日の取れる日数と、この時点での自分の遡行技術では厳しい所です。カクネ […]

  • 2021年2月16日

朝日連峰・八久和川・上流部

八久和川の呂滝、高校生の頃、中原フィッシングセンターの書籍コーナーで初めて写真を見た時、その強烈な印象が頭にずっとこびり付いていました。 深淵なる大淵には超弩級の大岩魚が潜み、ここで一生に一度は竿を出してみたい、高校生ながらにそう感じたものです。 その頃はお金も車もなく、只々憧れだけでした。その後、社会人になり本格的に源流に行くようになった頃、その時の体力や遡行実績から行ける!と判断し、積極的にト […]

  • 2020年12月20日

丹沢・早戸川大滝(丹沢山)

丹沢の早戸川大滝を交えた丹沢山の日帰り山行記録になります。 東丹沢にある早戸川大滝は、日本の滝100選、丹沢3滝の一つに数えられ落差50mに及びます。また、辿り着くのが大変な為、幻の大滝ともいわれています。(とは言っても、沢やっている人ならそれほど大変というわけではありません。)直爆で迫力があり、形もカッコ良くて、気に入っている滝の一つです。 大学の友人と正月の運動不足解消に行ってきました。 沢行 […]

  • 2020年9月26日

北アルプス・赤木沢

シルバーウィークに夏休みを併用して、黒部の赤木沢に沢登り&釣りに行ってきましたので、今回はこれを記事にします。 これまで記事に上げているのは過去の記録です。仕事が忙しく、この数年山に行く機会が年々減っているからで、山行直後の記事はこれが初めてになります。 黒部の岩魚といえば、源流釣り師としては憧れの釣り場の一つです。また、沢登りで有名な赤木沢もいつか行ってみたいと常々思っていました。これまで黒部川 […]

  • 2020年6月14日

奥秩父・金山沢

奥秩父の金山沢の記録です。金山沢は入川の支流で、上流で大荒川谷と小荒川谷に分岐し、源頭を詰めると破風山と雁坂嶺の間に上がります。この沢の魅力は、人の入りが少なく静かな沢行を楽しめるところです。なお、出会いから暫くはゴルジュが続き、この突破がポイントになります。 沢行記 日時:2008/5/4(日)~5/4(月) 前夜発1泊2日経路:入川キャンプ場~金山沢~ゴンザの滝~大荒川谷手前~入川キャンプ場天 […]

  • 2020年6月9日

丹沢・勘七ノ沢

表丹沢の人気の沢、四十八瀬川の勘七ノ沢になります。 沢登りのゲレンデ的ルートで、入門者から上級者まで楽しめる沢登りのエッセンスが詰まっている沢です。詰め上がると丹沢の名峰・塔ノ岳に至ります。人が多い為、釣りという観点では表丹沢はこれまで食指が動きませんでしたが、沢登りでは以前から是非行ってみたい山でした。 沢行記 日時:2018/10/20(土) 前夜発日帰り経路:芝生の広場~勘七橋~F1滝~金冷 […]

  • 2020年6月8日

丹沢・マスキ嵐沢

西丹沢の入門の沢、マスキ嵐沢です。西丹沢は、丹沢湖に流入する世附川・中川川・玄倉川一帯の山域の呼称になります。中川川は白い河原が特徴的で、この山域を構成する石英閃緑岩(トーナル岩)によるものです。そして、この中川川に注ぐ大滝沢の支流がマスキ嵐沢です。 シーズンに入る前に、山感覚を取り戻す為、自分の体力度合いを確認する為に、3月は軽めの山によく行きます。今回は純粋な沢登りです。 沢行記 日時:201 […]

  • 2020年6月7日

奥秩父・釜ノ沢

奥秩父の東沢にある釜ノ沢の記録です。沢登りで人気の沢で、山梨県を流れる笛吹川の上流部で、名峰甲武信ヶ岳に突き上げます。この沢は、乙女ノ滝・魚留ノ滝・千畳のナメ・両門ノ滝など、見どころの滝やナメが多く、特に千畳のナメは一度は歩いてみたい憧れの場所でした。今回は、大学時代の友人と1泊2日テント泊での沢登りになります。 沢行記 日時:2007/10/6(土)~2007/10/7(日) 前夜発1泊2日経路 […]