• 2021年5月10日

奥秩父・豆焼沢

大好きな奥秩父の荒川水系の谷。滝川の支流、豆焼沢に行ってきました。ホチの滝・トオの滝・50m大滝・19m4段滝・両門の滝など、素晴らしい滝が多く、ナメもあり奥秩父の名渓と言われています。この水系は幾度となく来ていますが、豆焼沢は何かとタイミングを逃し、ようやく今回トライすることができました。記録を遡ってみると、滝川水系は2007年に槇ノ沢に来たのが最後なので、なんと14年振りになります。 沢行記 […]

  • 2021年5月9日

沢でのザイル確保について その2

前回、「沢でのザイル確保について その1」の続きになります。 ここでは、登攀やトラバースの技術を記載しています。事前に本や講習会等で技術をしっかりと身に付けてからでないと危険なので、あくまでも自己責任の元、参考にしていただければと思います。 私の場合、沢登りや源流釣りでは登攀は基本行いません。しかし、技術を知っておくと、いざという時に役立つと思い、紹介します。   ザイルの使い方(登攀技 […]

  • 2021年4月21日

沢でのザイル確保について その1

前回、「沢でのザイル装備」の説明をしましたが、ここでは使い方の説明をします。 ただし、ここでは軽量化を最優先している為、クライミングの技術を部分的に取り入れているだけであることに注意ください。本格的な登攀をする場合はザイル選びや道具の使い方をもっと厳密に行う必要がありますので、あくまでも自己責任の元、参考にしていただければと思います。続編として、「沢でのザイル確保について その2」もあります。 ハ […]

  • 2021年4月6日

沢でのザイル装備について

今回は、沢登りもしくは源流釣りでのザイル確保と装備の記事にしてみました。 険谷や大滝のある沢を遡行する場合、滑落の危険や不安が常に伴います。こういった不安を払拭する為に、クライミングの本やジムで勉強してザイル技術を身に付けると効果的です。遡行の幅も広がるので、慣れてきたら積極的にクライミング技術を取り入れることをお勧めします。 ここでは、私が沢で使用している装備を紹介します。また、ザイルやクライミ […]

  • 2021年3月22日

朝日連峰・八久和川・中下流部

前回、「朝日連峰・八久和川・上流部」の記事で書いた通り、その翌年に中下流部の遡行を行いました。 八久和の強烈な印象をいつまでも忘れることができず、次はこの八久和中流域の広河原で竿を出したいという衝動にかられる日々が続きました。夏季休暇をすべて費やし、1年越しの綿密な計画の末の釣行です。 本来なら完全遡行を目指したいところですが、休日の取れる日数と、この時点での自分の遡行技術では厳しい所です。カクネ […]

  • 2021年2月21日

直管蛍光灯のLED化

「自宅照明LED化 検討&導入編」にある通り、一つだけ蛍光灯のままLED化出来ていない照明が残っていました。キッチンの直管蛍光灯です。今回はこれをついにLED化し、ようやく全ての照明をLED化することができました。   なぜ直管蛍光灯がLED化できていなかったか? 直管蛍光灯をLEDに交換する場合、まずは以下2つの方法が考えられます。 [1]土台やカバーを含めた照明器具そのものを交換[2 […]

  • 2021年2月16日

朝日連峰・八久和川・上流部

八久和川の呂滝、高校生の頃、中原フィッシングセンターの書籍コーナーで初めて写真を見た時、その強烈な印象が頭にずっとこびり付いていました。 深淵なる大淵には超弩級の大岩魚が潜み、ここで一生に一度は竿を出してみたい、高校生ながらにそう感じたものです。 その頃はお金も車もなく、只々憧れだけでした。その後、社会人になり本格的に源流に行くようになった頃、その時の体力や遡行実績から行ける!と判断し、積極的にト […]

  • 2021年1月27日

Apple Watch で心電図機能を試してみた。

Apple Watchの心電図機能が、本日1/27(水) 3:00のアップデート(iOS14.4、watchOS7.3)で、いよいよ使えるようになりました。たまにはタイムリーな記事を書いてみたいと思います。 心電図は、アメリカでは2018年から使える機能でしたが、日本では認可が中々降りず、期待されていた人も多いようです。海外ではこの心電図機能で、不整脈が見つかったという報告が相次ぎ、Apple W […]

  • 2021年1月25日

マキタのコードレス掃除機のオススメ

久しぶりの生活ネタです。今回はマキタのコードレス掃除機の記事になります。 それまで自宅に掃除機はありましたが、あまり使っていませんでした。掃除機を引っ張り出して、コードをコンセントに差し、奥まったところは延長コードを付けたり、これを別の部屋でも同じこと繰り返す。しかも、音が大きい。また、掃除が終わった後、気が付かなかった埃やごみに気が気になり、また掃除機を取り出してやり直す。普段は仕事漬けで、家に […]

  • 2021年1月21日

冬山の装備について

冬山特有の装備を説明していきます。私の場合、アイスクライミングやテント泊はしませんので、小屋泊や縦走用の装備になります。 ピッケル ピッケルは登山用品の中でも象徴的な道具で、冬山の尾根歩きでは必須道具の一つです。 用途は以下になります。 滑落停止 斜面の手掛かり 杖 雪面での足場作り 持っているだけでは意味がなく、1番重要な滑落停止方法を知っていないと意味がありません。 ブラックダイアモンド レイ […]